整形外科に行って治療しよう

相場価格を調べてみよう

捻挫になった時の診察費は、2000円から3000円が相場です。
この費用の中には、レントゲンの撮影も含まれています。
レントゲンを3枚程度しか撮影しない場合は、2000円台で収まると覚えておきましょう。
3枚以上レントゲンを撮影する整形外科は、治療費を高額にしようと企んでいる傾向が見られるので危険です。

最初に、どのような診察をするのか調べてください。
捻挫なら、レントゲンは2枚から3枚撮影しただけで状態が分かります。
それ以上撮影する必要はありません
急に捻挫になると、焦って近くの整形外科に行ってしまう人が見られます。
ですがそこが、ぼったくりをすることで有名な整形外科だったら困ります。
必ず評判を確かめて、安心できたら行きましょう。

治療する場合は少し高い

整形外科で捻挫の具合を見てもらって、悪化していると判断された場合はギプスで固定するなどの処置が必要です。
ただ診察を受けた時に比べて、費用が高くなると思ってください。
ギプス固定をした時は、4000円が相場価格です。
症状がひどくなっている時は、レントゲン撮影をする枚数も増えます。

その時はレントゲンを4枚から5枚撮影するかもしれませんが、適切な数なので疑わないでください。
そのように、症状が悪化するとかなり高額な治療費を請求されてしまいます。
捻挫になった時にすぐ整形外科に行けば、2000円程度で済むので経済的な負担に感じません。
痛みを感じたら無理にガマンしないで、その時点ですぐ整形外科に行くことが治療費を抑えるコツです。



TOP